普段のお手入れが肝になるフライパン

フライパンには、いくつかの種類があります。 それぞれでお手入れが変わるので、正しい方法を選んでいきましょう。 鉄製のフライパンを使っているのに、ステンレス製のフライパンのお手入れ方法を実行していては意味がありません。 正しいお手入れが、フライパンの寿命を長くさせます。

自宅で使っているフライパン

どんなものでもお手入れしなければ、すぐ状態が悪くなります。
フライパンも同じなので、お手入れ方法を学んでおきましょう。
しかしフライパンは種類ごとに、お手入れ方法が変わります。
まずは自宅で使っているフライパンの種類を把握し、ふさわしいお手入れを実行しましょう。
鉄製のフライパンは油慣らしをしたり、調理中は十分にフライパンを熱してから使ったりすることがポイントです。

フッ素樹脂加工されているフライパンは、金属の調理器具を使わないように心がけてください。
また洗う時も金属製の固いタワシを使わず、柔らかいスポンジですばやく洗いましょう。
すると汚れが簡単に落ち、綺麗な状態をずっと維持できます。
料理中は、弱火か中火を使いましょう。
強火だと、フライパンの加工にダメージを与えることがあります。

ステンレス製のフライパンを使っている人も、優しく洗うことがコツだと覚えておきましょう。
さらに、洗った後の管理方法も重要です。
濡れた状態を放置すると、錆びてしまうので気を付けてください。
しっかり乾いた雑巾で拭いてから、戸棚にしまいましょう。
また戸棚も湿気が溜まらないよう、通気を工夫することをおすすめします。
ステンレス製のフライパンは、他の調理器具の錆びが伝染することがあるので、錆びやすいものの近くに置かないようにしましょう。
お手入れや保管の部分に注意するだけで、フライパンの寿命が長持ちします。
何回も買い変えると余計な出費が増えるので、お手入れを欠かさず長持ちさせたいものです。

コーティングが剥がれないようにするには?

フッ素樹脂加工されているフライパンは、優しく扱うことを心がけてください。 固いヘラや菜箸を使うとフライパンの底が傷ついたり、コーティングが剥がれたりする恐れがあります。 また洗う時も優しく、すばやく済ませましょう。 この時は、柔らかいスポンジを使ってください。

錆びないように保管する

ステンレス製のフライパンは、錆びないようにする工夫が必要です。 特に濡れたままで放置しないことや、湿気があるところで管理しないことがポイントです。 洗い方だけでなく、洗ったあとにどうすれば良いのか勉強しましょう。 この機会に、管理場所を見直しても良いと思います。

△ ページTOPへ