普段のお手入れが肝になるフライパン

鉄製は油慣らしを最初にすること

新しいフライパンを購入したら、すぐ使いたくなる人が多いと思います。
鉄製フライパンの使いはじめはそのまま料理に使わず、まず油慣らしを行ってください。
まずフライパンを強火にかけ、空焚きをします。
鉄の表面が温まり青くなってきたら、油を大さじ2入れて、野菜の皮などを炒めます。
軽く炒めたら火を止めて、フライパンを冷ましてください。

フライパンが完全に冷めたら野菜くずを取り除き、柔らかいスポンジを使ってぬるま湯で洗います。
この時に、食器用洗剤を使う必要はありません。
洗ったら再び空焚きをして、水気を飛ばしてください。
最後にフライパンの内側全体に薄く油を敷いて、油慣らしの終了です。
事前にこの工程を済ませることで、汚れが付きにくくなります。

洗剤を使わないで洗う

鉄製のフライパンを料理で使う時は、しっかり温めてから食材を入れます。
最初は、中火から強火にかけて少し煙が立つまで熱します。
それから油を入れて、食材を入れて炒めていきましょう。
しっかり熱することで食材がくっつきにくくなり、洗うのが楽になります。

また鉄製のフライパンを洗う時は、お湯だけを使うのがベストです。
当たり前のように食器用洗剤を使う人がいますが、するとフライパンの表面にある油膜が全部剥がれてしまいます。
焦げ付きやすくなったり、錆びやすくなったりするのでフライパンの寿命が短くなると覚えておきましょう。
最初に油慣らしをした意味もなくなるので、お湯だけで洗ってください。
使い終わってすぐ洗えば、お湯だけでも綺麗になります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ