錆びないように保管する

こびりついた汚れを落とす場合

丈夫で耐久性があるという部分が、ステンレス製のフライパンのメリットです。
熱伝導率が低く、フライパンが熱くなるまで時間が掛かります。
焦って、食材をすぐ入れないように気を付けてください。
十分に温まるまで、少し待ちましょう。
熱伝導率が低いおかげで、一度温まると冷めにくく保温性があります。

このようなステンレス製のフライパンも、フッ素樹脂加工されているフライパンと同じように柔らかいスポンジで優しく洗ってください。
食器用洗剤が使えるので、適量を使いましょう。
食材がこびりついてなかなか落とせない時は、少しの間お湯に浸けておくのがおすすめです。
すると汚れがふやけて、浮かび上がってきます。
浸けておく時間は、こびりつき具合にもよりますが30分ぐらいで大丈夫です。

乾いたタオルで拭く

洗ったら、そのまま放置する人が見られます。
しかしステンレス製のフライパンをそのように扱うと、錆びる原因になるので絶対にしないでください。
洗い終わったら、すぐ乾いたタオルで拭きましょう。
また保管する場所も湿気が溜まらないように、必要であれば乾燥剤を置きます。
せっかく綺麗に拭いたのに、湿気がある場所で保管すると錆びが発生してしまいます。
また近くに錆びやすいものや、すでに錆びているものを置くことも控えましょう。

あまり知られていませんが、錆びは伝染します。
これまで大丈夫だったステンレス製のフライパンも、他のものの影響で錆びることがあるので注意してください。
こまめに周囲のものが錆びてないか、チェックしましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ